コードバンのタンナー

◆コードバンのタンナーはごくわずか!

タンナーとは、簡単に言うと動物の「皮」をあれこれやって、バックや財布の素材として活かす「革」にするレザーの製造業者です。

 

コードバンのタンナーは、非常に少なく、私がこのサイトを作っていた頃は、2社しかないと言われておりました。

ネットでも度々、紹介されております日本の「新喜皮革社」とアメリカの「ホーウィン社」になります。

 

恐らく多くは、新喜皮革社のコードバンが使われているんだろうと思います。

 

また、途中?の工程から仕上げにかけて独自のコードバンを製造される「宮内産業」や「レーデルオガワ」といった業者さんもおります。

こちらの場合は、新喜皮革社のコードバンを使われるのでしょうかね?

このあたりの事情は不明で私の憶測になります。^^;

レーデルオガワ製のコードバン財布を集めてみた! >>

 

ホーウィン社では、油をたっぷり含んだ柔らかいコードバンが特徴で、評価も高く、財布などでも高級仕様をなっています。

ホーウィンのシェルコードバン財布を集めてみた! >>

 

このようにタンナーは2社しかないと言われておりましたが、2013年よりイギリスの名門タンナー、クレイトン社でもコードバンを作るようになったみたいです。

こちらのコードバンは、ほとんど出回っていないような気がします。

 

コードバンの原皮はヨーロッパから取り寄せてるようなので、なぜヨーロッパにコードバンのタンナーがないのかと疑問に思っていたのですが、ついにヨーロッパのコードバンタンナーが出てきたかぁ~とう感じで、わくわくしております。^^;

 

昔は、スペインにもあったようなのですが、やめてしまったみたいですね。

 

クレイトン社と言えば創業150年を超える歴史ある名門タンナーで、イギリスと言うことで当然、ブライドルレザーが有名なわけですが、この伝統から作られるコードバンがどんな物か非常に気になるところです。

 

当サイトでも、いつかクレイトン社製のコードバン財布を紹介できればと思っております。